ジョブスケジューラ Job Scheduler

ユーザファーストな統合利用環境 ShareTask

CAEやAI/ML計算の解析者へのメリット

Webブラウザから直感的操作が可能

トラディショナルなHPCシステムを使いこなすにはコンピュータの知識、特にLinuxの知識が必要です。一方、ユーザである解析担当者は流体・構造解析やAI等の専門知識はあっても、必ずしもLinuxの知識を備えているとは限りません。本サービスを使えば、解析業務のほとんどがWebブラウザで完結します。システムを利用するための学習コストを極限まで削減し、研究開発のサイクルの高速化を可能とします。

複数の計算資源でも統合的に利用可能

コンピュータの知識があっても、ジョブスケジューラを始めとするシステム構成の違いにより、オンプレミス計算機クラスタやクラウドサービスによって、ジョブを流すまでの手順は大きく異なります。個別の操作手順を学習することや、使う度にそれを参照することは非本質的な作業でしょう。本サービスでは、複数のオンプレミス計算機クラスタやクラウドサービスをバックエンドとして束ね、それぞれの違いを吸収した統合利用環境を提供します。ユーザからは一つのフロントエンドで取り扱うことができます。

社内計算資源管理者へのメリット

社内の遊休資産の有効活用に!

ShareTaskでは、複数のオンプレミス計算機クラスタやクラウドサービスを、利用者に対して一つのフロントエンドを介して見せることができます。それぞれの計算資源の利用法は共通であるため、利用者を無意味に混乱させることはなくなり、シンプルな運用が可能となります。

有効なリソースマネジメントが可能!

ShareTaskでは、各計算資源のモニタリングをすることができ、社内の計算需要の把握・整理をすることができます。これらの情報は、社内計算資源・クラウドの増強計画の試算に有用です。また、アイドル状態の計算資源は自動でシャットダウンされるため、節電も期待できます。

ShareTaskの主な機能

Webブラウザからの利用

Webブラウザを用いた、GUIベースの直感的な利用ができます。

ジョブスケジューリング

複数人が同時に使えるようジョブスケジューリング機能を提供します。通常のリソースマネジメントに加え、緊急度の高いジョブを優遇するといった機能もあります。

メタスケジューリング

PBS, Torque, LSF, OpenLava, SLURMといったジョブスケジューラで構築された既存のHPCシステムを、Sharetaskに紐づけてメタスケジューリングを行うことができます。

クラウド環境統合

Amazon EC2, Microsoft Azure, FOCUSといったHPCクラウドもシステム統合することができます。

リソースモニタリング・コントロール

CPU/メモリ稼働率といった資源の利用状況を監視し、後から統計情報を確認することができます。後処理に利用しやすいCSV形式で取り出すことも可能です。

ライセンス管理

商用アプリケーションの利用では、数の限られたライセンスを共用する場合があります。ライセンスの空き状況を確認し、開始したジョブがライセンス不足でエラーになることを避けることができます。

他のジョブスケジューラ・HPCシステムとの差異

ポータルサイト形式

Webブラウザを介したユーザフレンドリーな利用が可能です。多くのHPCシステムでは、ジョブを投入するためにTeraTermといったターミナルエミュレータを介する必要があります。

運用を含めた計算資源のマネジメント

ShareTask上で計算資源・ライセンスのマネジメント/モニタリングといった、システム管理者の業務を行うことができます。一般的なHPCシステムでは、管理ツールとジョブスケジューラは分かれていますが、ShareTaskは双方をカバーしています。ShareTaskを導入することは、単にジョブスケジュールを可能にするだけでなく、そのまま運用に入ることができます。

Web技術を利用

計算資源との通信にはHTTPプロトコルが利用されています。したがって、インターネットを介した利用に適しており、クラウドとの相性もよいです。

ユーザの利用イメージ

1.Webブラウザでページアクセス

フロントエンドページにアクセスします。

2.ジョブ投入画面でジョブの設定

マウス操作で流したいジョブを選択します。
設定次第では、以下を指定するのみで、ジョブの利用が可能です。
ジョブ名
利用するアプリ名
入出力ファイルの指定

3.結果の確認

ジョブを選択し、結果をダウンロードすることができます。

WindowsでParticleworks/Granuleworksをお使いのお客様へ

効率的なパラメトリックスタディに!

設計では、設計知見の抽出のため、一つの計算対象にパラメータを変化させた複数回の計算(パラメトリックスタディ)を行う必要があり、一台の計算機で実施するのは大きな時間を要します。複数の計算機を使えば、これらを並行して実施することができますが、一般に複数の計算機を同時に利用することは管理の煩雑化を招き、気の進むものではありません。

ShareTaskでは、一つのフロントエンドで投入した各計算を、自動的に計算資源に配分してくれるため、管理の煩わしさを軽減してくれます。また、クラウドとの相性もよく、弾力的に計算資源を増やすことで、スケーラビリティの高い計算をすることができます。

Particleworks/GranuleworksでのパラメトリックスタディにおいてもShareTaskは大きな効力を発揮します。是非一度お試しください!

ShareTaskをご利用・ご検討の方におすすめのソリューション

クラウドHPCシステム構築

お客様がお持ちのIaaS型クラウドサービス上にHPCシステムを構築します。またクラウドサービスアカウントの販売等も行っているため、弊社であればサービスの導入からシステムの構築まで一括したサービスとしてご提供可能です。

GPU / HPC向けSIサービス

お客さまの用途に応じたHPCシステム設計・構築、運用保守サービスになります。

HPCサービス一覧 HPC Serivce

お問い合わせ・
お申し込み・
資料請求